スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--:--:--] | スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:- | 管理用

2006年11月26日

カット。

さてさて、ついにリセット。
天気がよく放射冷却で最高気温が14度。あまりの寒さにまた放置してやろうかと思いましたが、この機会を逃したら永遠に復活は無理だろうと、尻に屁をじゃ無くて、火をつけて気持ちを奮い立たせます。

DSCF7867web.jpg早速アクアリウム七つ道具をセッティングして作業に取り掛かります。この作業台が結構便利で、美容室に置いてあるのをヒントに使っておるわけですな。

「(゚Д゚)ハァ?美容室?キモイのに?」とかいうコメントは受け付けません。

この作業台はキャスターがついておりまして移動がラクラク。三段もあればいろいろなものが置けますし、最上部はピンセットなどを置くのには丁度良い高さで犬猫用おしっこシートが装着されておりますので湿気対策も万全ときたもんだこりゃ。
DSCF7869web.jpg DSCF7870web.jpg DSCF7864web.jpg
まずは水の確保です。うちの水道水は凶悪なまでにアルカリ性、だったような記憶があったので半分くらいは流用しましょう。ついでに魚たちの仮住まいです。100円ショップで手に入れたオシャレな黒バケツのとタライにしこたま流し込みます。これ一人で撮るもんじゃありません。

バケツに置かれたメッシュはこれまた100円ショップで手に入れた園芸用のもので、魚たちは目線より上の動きに敏感なので隠れ家として沈めます。
仮住まいに使用したヒーターはカメ用の25℃固定型のもので、サーモが内臓されて身軽なため、緊急用に配備されているものです。

とりあえず水は確保。20リットルくらいですかね、ほとんど意味は無かったかもしれません。


DSCF7874web.jpg DSCF7878web.jpg DSCF7879web.jpg
さて、いよいよ残った内容物の取り出しです。
といっても先日、石を取り除いたら魚とクリプトだけになってしまいました。
メタハラが死亡し、仮に装着されいた屋外用照明も半年待たずして死亡。「超寿命」を謳っていた商品なので交換もばかばかしくなってきて放置。

次々と溶けてなくなる水草たち、そんな中クリプトだけはビックリするくらい勢力を拡大。引っこ抜いてみると40センチはあろうかという根っこがびっしりでした。一人では撮影できないので通りすがりのおかんを捕まえてパシャリ。

いよいよ魚たち。
驚きました。この半年で徐々に減っているのは知っていましたが、これほど数を減らしているとは・・・。餌は与えていたので餓死とかではないと思います。ただ、一時期寄生虫が発生したのを確認しておりまして、以前発生した糸状の虫です。その影響でしょう。メインとも言えるアピストから順々に落ちていきました。詳しいことを話したいところですが、今回は大人の事情で割愛させていただきます。追々記事の中で紹介します。

とりあえず残った魚たちを巨大な網で、まさに一網打尽にして素早く、バケツに移します。

いよいよ、残るは砂と水だけになりました。
砂は丁寧に手で掬い取りバケツに詰めては、家の周りの庭とは呼ぶには狭すぎるスペースにばら撒きます。この砂が栄養満点。春には周りの草木が狂ったように育ちます。

ここであせってはいけません。砂の粒子がガラスを傷つけて粉砕なんてことは無きにしも非ず。かつてコケ取りマグネットが噛んだ砂によって水槽を一刀両断されたことがあります。それ以来マグネットは使用していません。

最後にわずかに残った水をエアチューブで排出。強引に運び出してもいいのですけど、唯でさえ体力の無い僕はバケツ一杯で体がプルってますから、万が一のことを考えて極限まで軽くします。なにより、水槽自体シーリング材だけで接着してありますから力のかかり方によっては寿命をちじめてしまいますからね。

案の定、外に運び出し汚れを落としている最中に手が滑って水槽を落としました。ま、メタハラに入っていた発泡性の緩衝材をひいていたので大事には至りませんでしたが。(;´_ゝ`)(´<_`  ) 流石だよな俺。

DSCF7880web.jpg DSCF7883web.jpg DSCF7884web.jpg
さ、水槽も磨き上げ、いよいよメーンイベントです。まずは底床作りからです。
毎回意味もわからず、ここだけはお金がかかっています。まずはパワーサンドスペシャル。そして水槽立ち上げ当初、恐らく5年程前に購入したぺナックという代物。あんまり意味もわからず使ってますが、これも自己満です。中身はというと、これ持って空港とか行ったら何も言わず連行されそうな白い粉が入っています。詳細については追々「使用器具」で紹介していきます。
DSCF7885web.jpg DSCF7886web.jpg DSCF7887web.jpg

次にバクター100をサラサラっと。休眠状態のバクテリアがリセットで崩れた生態バランスを素早く補ってくれます。これは自己満ではありません。と思いたい。
そして、いよいよソイルをド━(゚Д゚)━ ン !!!と投下です。

DSCF7897web.jpgと、ソイルの中にモヤシが一本。一体何のモヤシですかね。雑草でないことを祈りつつ第一号の水草となりました。


ここらで石組みに入るのですけど、その前にフィルター吸い込み口に軽く不細工を、じゃ無くて細工を施します。セッティング上どうしてもフィルターの吸い込み口が向かって右側に来るわけで、レイアウトに制限が出てくるんですよね。吸い込み口をあまり上部に配置するとエアを噛んでしまいますのでこれ以上短くできません。時間が経つに連れ吸い込み口付近に砂が押し寄せてきます。そこで吸水口付近にバリケードを設置します。魚がはまらないか心配ですが、そこはごり押しで。

ちなみに「ごり押し」の語源は石川県名物「ごりの佃煮」に使用される「カジカ」(地方名ゴリ)を捕獲する際に、網で川底に張り付いているごりを川底を削るように強引に押し進める様子が語源となっています。決してガレッジで売っているようなゴリではありません。

DSCF7893web.jpg DSCF7901web.jpg DSCF7898web.jpg

そして、あーでもないこーでもないと言っているうちに石組みが完成です。
「相変わらず個性的だね。」なんて自分を励ましつつ、センスが無いことに打ちひしがれ、涙するのでした。正直、励ましの言葉とかそんなのいらない。綺麗な組み方を教えてほしい。

親父の勤める造園会社から拝借してきたものだから選り好みできなかったんだもん。
と、言い聞かせてごり押し。

ついに注水です。セオリーどおりにいけば、皿でも敷いてバケツから注ぐのでしょうけど、この水槽でそれをやると恐らく土砂崩れが起きます。一応自然に崩れてくることを考慮して急勾配にしてありますから、今崩れてもらっては困ります。そこで写真中央霧吹きの登場です。

土壌流出を避けるには表面を固めるしかありません。そこで注水前に霧吹きで土壌を固めてしまうわけですな。(;´_ゝ`)(´<_`  ) 流石だよな俺。
さらには注水を全てエアチューブのみで進めるという慎重さ。これなら水も濁りません。

DSCF7902web.jpg案の定水は透き通っています。ソイルも崩れません。

しかし、注水だけで3時間を要したことは秘密です。ひたすら待つのみです。


DSCF7905web.jpgそれから、それから。

DSCF7915web.jpg DSCF7914web.jpg DSCF7923web.jpg

( ´ー`)フゥー...
やっとここまでたどり着きました。
あれだけ慎重に注水したのにフィルター回した途端に、浮かべておいたクリプトの根に絡まったソイルが大崩壊。一瞬にしてまっ白。唖然、愕然でしたがそこは抜かりはありません。濾過バクテリアを確保するためにフィルターを掃除しなかったお陰で、ものの数分で透明度が戻りました。(;´_ゝ`)(´<_`  ) 流石だよな俺。

魚たちの水あわせも慎重に行います。本当は空回しして、数日放置するほうが良いのでしょけど、ちと大人の事情もありまして、それはできません。何よりそのために元の水を確保したのですから、その辺もごり押しで。
まず、プラケースのそこに1mm程の穴を空けます。庭師の親父が居ますから我が家には工具には困りません。バッテリー式のインパクトを使ってちょちょいのちょいで貫通。

後はそこに元の水を半分くらい入れて魚とともに浮かべておけば、自重で水圧がかかり、船底に穴の空いた船のように沈んでいくというわけですな。
(;´_ゝ`)(´<_`  ) 流石だよな俺。


そんなこんなで目立ってpHショックなどの症状も診られず、無事に投下。



午後1時ごろ取り掛かった作業。終ったのは8時半。
ま、なんですな、独りでやるもんじゃないです。

いつもなら召喚獣neoさんが居て、写真やらなんやら撮って、下僕同然に働いてもらうんですけど、今回はそれができませんでしたから、どえりゃぁ時間がかかったですばい。

疲れ果て自室に戻ると、世界で一番なんたらをちら見しながらいつのまにかうたた寝。目が覚めると11時半。「( ゚д゚)ハッ!ブログ更新しなきゃ」とかわけのわからん衝動に駆られ、とりあえずコンビニでポテチとコーラを購入。

軽く深夜徘徊した後、深夜1時ごろから更新作業へ。
すぐ終るだろうと、たがくくっていたらPCがエラー三昧。
もうそろそろ新しいウィンドウズが出るだろうと言うときに、世の中XP全盛というときに、MEとかいう遺物を使っているせいでしょう。それ以上にそろそろ6年目突入するノートってどうなのよ。エンジン音が聞こえてくるPCってどうなのよ。

そりゃ友人に「優先順位が間違っている」なんて言われますがな。
普通ならPCの買い替えが先ですがな。くるっとりますがな。

そのうち、更新が止まったらPCが止まったと思ってください。今年一杯もつかな・・・。

そんなわけであまりの長文にここまで辿り着けたかわかりませんが長々と見てくださってありがとうございます。随分と大人の事情で割愛させて頂いた部分がありますが、そういった部分も今後の記事に載せていこうかと思いますのでよろしくお願いします。

さてさて新生「日々」はどうなっていくのでしょうか、明日はいよいよみずくs・・・



5時やないけぇぇぇ!ぶひぃぃぃ!!

というわけで今日水草を物色してきます。
生きてたら更新します。
スポンサーサイト

[05:24:51] | 水槽日記2章 | コメント:0 | トラックバック:0 | 管理用

情報を記憶(故障中):

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • スポンサーサイトカット。のトラックバックURL
  • http://aquaglass05.blog20.fc2.com/tb.php/239-d9a9d1a0
カレンダー
03 | 2017/04 | 05

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メニュー
月別アーカイブ

最近の記事
水槽データ
使用器具
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。